【2022年7月】ゴールドETF・投信のコスト比較

ゴールドETF・投信のコスト比較投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コスト比較

為替ヘッジなし

2022/5
SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト(GLDM 外国ETF)0.1%
iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド0.2585%
SMT ゴールドインデックス・オープン0.275%
WisdomTree 金上場投資信託 (ETF)0.39%

Smart-i ゴールドファンドは純資産総額が少ないので除外

実質コスト比較 「運用報告書の1万口あたりの費用明細より」

2022/52022/11
SMT ゴールドインデックス・オープン0.31%0.30%
日興 ゴールド・ファンド0.47%0.45%
iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド0.53%0.53%

ETFはコスト、投信は実質コストで比較すると

2022/11
SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト(GLDM 外国ETF)0.1%
SMT ゴールドインデックス・オープン0.3%
WisdomTree 金上場投資信託 (ETF)0.39%
日興 ゴールド・ファンド0.45%
iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド0.53%

 

純資産総額(単位は億円)

2022/52022/62022/72022/8
SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト(GLDM 外国ETF)6,7006,7007,0706,790
純金上場信託(現物国内保管型)1,798.81,798.81,763.21,876.8
三菱UFJ純金ファンド811.02813.95866.82831.71
SMT ゴールドインデックス・オープン33.4533.5037.5436.6

 

2022/92022/102022/112022/12
SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト(GLDM 外国ETF)6,9306,9906,790
純金上場信託(現物国内保管型)1,7811,823.51,841.6
三菱UFJ純金ファンド860.27912.75934.6
SMT ゴールドインデックス・オープン37.2239.3440.6

東証マネ部!でWisdomTree 金上場投資信託 (ETF)の純資産総額無し
純金上場信託(現物国内保管型)は東証マネ部!より数値引用(https://money-bu-jpx.com/search/1540/)
GLDMは為替を考慮する必要があるので代表的な数値としてmyINDEXより引用(https://myindex.jp/data_f.php?q=GLDM)。
三菱UFJ純金ファンドとSMT ゴールドインデックス・オープンは楽天証券より数値引用

日本のetfだけで比較すると

コスト純資産総額(単位は億円)スプレッド
WisdomTree 金上場投資信託(1672)0.39%0.18%(2022/09/30)
SPDR®ゴールド・シェア 受益証券(1326)0.4%73,115.2(2022/09/30)0.06%(2022/09/30)
純金上場信託 現物国内保管型(1540)0.4%1,841.6(2022/09/30)0.04%(2022/09/30)
NEXT FUNDS 金価格連動型上場投信(1328)0.55%93.8(2022/09/30)0.11%(2022/09/30)

国内ETFを比較する純金上場信託 現物国内保管型が一番いいのかなと思いました。
WisdomTree 金上場投資信託はコスト最安だけど、スプレッドが一番大きい。
純金上場信託 現物国内保管型とSPDR®ゴールド・シェア受益証券はコストが同じ。SPDR®ゴールド・シェア受益証券のほうが純資産総額が大きいけれど、純金上場信託 現物国内保管型のほうがスプレッドは小さい。純資産総額もそれなりにあるので純金上場信託 現物国内保管型が良いと判断しました。

スプレッド(売り気配、買い気配の差)が大きくなると、ETFを割高に購入するリスク、ETFを割安に売却するリスクが発生します。なのでなるべくスプレッドが小さい方が良い。

雑感

追記 外国ETFも追加。外国ETFも含めるとGLDMが0.1%とダントツにコストが低い。純資産総額も二番目に大きく十分。ドルで買い付けをしたり、売買が日本時間では夜から明け方になるということがあるので、そのあたりが面倒でなければGLDMはいいですね。しかも楽天証券・SBI証券ともに買付手数料無料。

ETFが一番コストが安いのかと思ったらSMT ゴールドインデックス・オープンが一番安いことが判明。純資産総額が33.45億円と少ないのが難点ですが。

SBI証券で海外ETF売買時に注意すること

SBI証券で米国ETFを円貨決済すると25銭の手数料がかかります。手数料を抑えるのには、一旦住信SBIネット銀行の外貨預金口座で円からドルに換えておく。そしてSBI証券の外貨建口座に入金して米国ETFを外貨決済で購入すると米ドル/円なら片道4銭ですみます。
米国ETFを売却したときはSBI証券の外貨建口座からSBIネット銀行の外貨預金に送金してドルから円に換えます。

SBI証券の外貨建口座⇔SBIネット銀行の外貨預金は送金手数料無料です。ちょっと手間が増えますが、かなり手数料を抑えることが出来ます。

参考情報 金の産出量のランキング 2020年

順位産出量(トン)
1中国380
2オーストラリア320
3ロシア300
4アメリカ190
5カナダ170

出典:(キッズ外務省)金の産出量の多い国 

消費者物価指数・政策金利・米国債券10年比較

 

米国 消費者物価指数 (前年比)政策金利米国債券10年
2022年1月7.50.251.63
2022年2月7.90.251.81
2022年3月8.50.51.72
2022年4月8.30.52.39
2022年5月8.612.99
2022年6月9.11.752.94
2022年7月8.52.52.88
2022年8月8.32.52.6
2022年9月8.23.253.26
2022年10月43.67
2022年11月4.05
2022年12月

米国債券10年は毎月1日のデータ

生活・投資・保険
投資 ファンド比較 貴金属 生活 修理・長期保証 買い替え 保険 医療保険は日本は国民皆保険制度があるので必要は無いと思います。高額療養費制度があるし、働けなくなったら日本には...

 

タイトルとURLをコピーしました