【2022年6月】ゴールドETF・投信のコスト比較

ゴールドETF・投信のコスト比較投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コスト比較

為替ヘッジなし

2022/5
SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト(GLDM 外国ETF)0.1%
iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド0.2585%
SMT ゴールドインデックス・オープン0.275%
WisdomTree 金上場投資信託 (ETF)0.39%

Smart-i ゴールドファンドは純資産総額が少ないので除外

実質コスト比較 「運用報告書の1万口あたりの費用明細より」

2022/5
SMT ゴールドインデックス・オープン0.31%
日興 ゴールド・ファンド0.47%
iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド0.53%

ETFはコスト、投信は実質コストで比較すると

2022/5
SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト(GLDM 外国ETF)0.1%
SMT ゴールドインデックス・オープン0.31%
WisdomTree 金上場投資信託 (ETF)0.39%
日興 ゴールド・ファンド0.47%
iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド0.53%

 

純資産総額(単位は億円)

2022/52022/6
SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト(GLDM 外国ETF)6,7006,700
純金上場信託(現物国内保管型)1,798.81,798.8
三菱UFJ純金ファンド811.02813.95
SMT ゴールドインデックス・オープン33.4533.50

東証マネ部!でWisdomTree 金上場投資信託 (ETF)の純資産総額無し
GLDMは為替を考慮する必要があるので代表的な数値としてmyINDEXより引用(https://myindex.jp/data_f.php?q=GLDM)。

雑感

追記 外国ETFも追加。外国ETFも含めるとGLDMが0.1%とダントツにコストが低い。純資産総額も二番目に大きく十分。ドルで買い付けをしたり、売買が日本時間では夜から明け方になるということがあるので、そのあたりが面倒でなければGLDMはいいですね。しかも楽天証券・SBI証券ともに買付手数料無料。

ETFが一番コストが安いのかと思ったらSMT ゴールドインデックス・オープンが一番安いことが判明。純資産総額が33.45億円と少ないのが難点ですが。

SBI証券で海外ETF売買時に注意すること

SBI証券で米国ETFを円貨決済すると25銭の手数料がかかります。手数料を抑えるのには、一旦住信SBIネット銀行の外貨預金口座で円からドルに換えておく。そしてSBI証券の外貨建口座に入金して米国ETFを外貨決済で購入すると米ドル/円なら片道4銭ですみます。
米国ETFを売却したときはSBI証券の外貨建口座からSBIネット銀行の外貨預金に送金してドルから円に換えます。

SBI証券の外貨建口座⇔SBIネット銀行の外貨預金は送金手数料無料です。ちょっと手間が増えますが、かなり手数料を抑えることが出来ます。

参考情報 金の産出量のランキング 2020年

順位産出量(トン)
1中国380
2オーストラリア320
3ロシア300
4アメリカ190
5カナダ170

出典:(キッズ外務省)金の産出量の多い国 

生活・投資・保険
投資 ファンド比較 株式 インデックス 先進国株式を載せていないのは、先進国株式の構成国比率の70%がアメリカ。全世界株式は構成国比率の60%がアメリカです。それなら、全世界株式のほうがいいんじゃないかと思うので...

 

タイトルとURLをコピーしました