スポンサーリンク

耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療)後鼻漏009 補中益気湯継続

耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療)耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療)と後鼻漏
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回は

11月上旬、耳鼻科でbスポット治療を受けました。いったんは良くなった風邪ですが、またぶり返し、一週間前少し寝込みました。喉の痛み、鼻水が続いています。耳の症状は良くも悪くもなっていません。それと、少々だるいです。風邪は休むのが一番なのですが、どうしても、用事が立て続けにあり十分に休めず…薬を飲むより、休むのが先だよねぇ…

スポンサーリンク

診察と処置

bスポット治療をしたところ、今回は鼻から入れた綿棒にうっすら血が付いていました。喉から入れた綿棒には血はついていませんでした。鼻をかんだとき、うっすら血が混ざるときがあったんですが、これが原因?。上咽頭炎が少々悪化しているようです。ただ、不思議なことにいつものように痛みが無いんですよね。そして、風邪のだるさはあるのに、bスポット治療後のいつもの強めのだるさが今日はありません。なぜだろう?

処方箋 カルボシステイン(ムコダイン)

漢方は2週間分、ほかは5日分もらいました。

なかなか鼻水と喉の痛みが取れないので、 カルボシステインとトラネキサム酸が追加になりました。ということで、今回処方されたのは

補中益気湯、桂枝茯苓丸料、カルボシステイン、トラネキサム酸の4つです。

補中益気湯、桂枝茯苓丸料は前回と同じ。主治医いわく、補中益気湯は風邪の急性期より風邪が長引いているときに効く漢方とのこと。

補中益気湯と桂枝茯苓丸料

 

トラネキサム酸錠500mg「YD」(1回1錠 朝夕食後)炎症を抑える薬。これは風邪をひく 病院の風邪薬で書いたときと同じ薬。薬価は9.3円/錠。何度見ても、粒がでかすぎる。

トラネキサム酸錠

 

カルボシステイン錠500mg(1回1錠 朝夕食後)痰や鼻水を出やすくする。薬価は6.8円/錠。ムコイダンと言われている薬です。

カルボシステイン01

カルボシステイン裏

薬剤師の人が言っていたんですが、鼻水や痰の粘り気をとる働きがあるとのこと。粘り気を取り、さらさらにすることで、鼻水や痰を出しやすくする。なので、飲む前より、痰や鼻水が出るようになるが、溜まったものが出てしまえば、痰や鼻水は止まるとのこと。これは良い事聞きました。このこと知らなければ、飲む前より鼻水が出て症状が悪化したと思い、途中で服薬止めてしまう可能性あるので。

そう、粘り気があるので、鼻水がなかなか出ていかない。鼻をかんでも残っている感じがするのが結構不快なんですね。飲んだ次の日ですが、かなり鼻は楽です。鼻の奥にある鼻水が結構すっきりしています。

薬の支払額は1680円でした。

ここ最近忙しかったので、まずは休養して、体調を元に戻すことに専念します。

次回 耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療) 010