スポンサーリンク

塗り薬(顔)ネオメドロールEE、スピラゾン、パルデス

パルデスクリーム皮膚科
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネオメドロールEE軟膏

まぶたのかゆみに塗っています。以前、眼科でまぶたのかゆみを見てもらっていました。しかし、薬を塗っても3ヶ月くらい経過しても、良くならず少しずつ悪くなっていきました。(皮膚がボロボロになる感じなりました)まぶたって皮膚科でもいいんじゃないかと思い(当時はまぶたは眼科だと思い込んでいた)皮膚科へ行くとこの薬を処方されました。

ネオメドロールEE軟膏

ネオメドロールEE軟膏2

1週間程度でしょうか。ほぼ、治りました。いったいあの3ヶ月は何だったんでしょうか(私が受診する科を間違えていた訳で)。その後は、時々かゆくなるときに塗る程度で、悪化せず良好な状態です。

薬価はネオメドロールEE軟膏(ファイザー)50.2円/g。このチューブは3g入りなので、151円。

 

パルデスクリーム

パルデスクリーム

パルデスクリーム

 

口角炎になり、ドラックストアで薬を買って塗っていました。2週間ほど塗っていましたが、良くならないので、病院へ。これを塗ったら3日ほどで良くなりました。

パルデスクリームの強さは4群:medium[中程度]
薬価はパルデスクリーム0.05%(岩城)10.2円/g。このチューブは5g入りなので、51円。

軟膏はこんな感じ。

パルデス軟膏0.05%

パルデス軟膏0.05%

先発薬はキンダベート軟膏0.05%で31.7円/gでした。

 

スピラゾンクリーム

スピラゾンクリーム

スピラゾンクリーム

まゆげとコメカミの間と言えばいいんでしょうか、そのあたりのかゆみに塗っています。かゆみがあるときに時々塗る感じで、私はこの薬が合っているみたいです。余談ですが、まゆげとコメカミの間は、上記のパルデスだと治りが悪く、スピラゾンのほうが効きました(あくまでも私の場合)

スピラゾンクリームの強さは3群:strong[強力]~4群:medium[中程度]
スピラゾンクリーム0.3%(岩城) 7.4円/g。このチューブは5g入りなので37円。

先発薬はリドメックスコーワクリーム0.3%で21.2円/円でした。

お薬110番の注意の下のほうに書いてあることなんですが

おもな大学病院を対象に、アトピー性皮膚炎が悪化して入院した319例の原因調査がおこなわれています(日本皮膚科学会’99)。これによると、ステロイド自体の副作用による悪化が3例だったのに対し、脱ステロイド療法によるものは64例にものぼりました。疑わしい民間療法に惑わされ、むやみにステロイドを中止することが非常に危険な行為であることを示しています。同時に、長期大量使用時におけるステロイドからの離脱の難しさ、リバウンド(反発的に急回復する免疫反応)のこわさを物語っているのかもしれません。いずれにしても、自分だけの判断でやめないで、医師から指示された期間きちんと続けることが大事です。ステロイド外用薬は安易に漫然と使用することなく、重症度の評価を頻繁におこなってもらい、そのときどきの症状に応じたきめ細かな指導を受けるようにしてください。そうすれば、大丈夫です。

出典 お薬110番

私は以前ステロイドを何の根拠も無く、使わないようにしていましたが、結局症状は良くなりませんでした。でも、適切な指導の元で、適切に使用すれば症状は良くなります。もう少し早めにこの文章を読んでいればよかったと思っています。実際に使っても副作用は出ていません。本当はもっと強いステロイドを使う必要があるのに、弱いステロイドを使っていると治らないし、薬が強すぎると副作用がでる。でも、症状とステロイドの強さが一致すると本当に早く治ることがわかりました。

 

塗り薬(顔以外)はこちら