スポンサーリンク

耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療)後鼻漏018 痛みは前回と同様

耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療)耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療)と後鼻漏
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回は

6月下旬、耳鼻科に行きました。耳の調子は良いです。後鼻漏は多少気になるという状態。そして、高温多湿傾向のせいか、体力を消耗している感じがします。特に湿度が高いのは体調を崩す原因になるなぁと感じます。

スポンサーリンク

診察と処置

今回は内視鏡は使わず、塩化亜鉛を鼻から、喉から塗ってもらいました。鼻からは少し痛いかなぁと感じでした。喉からは、前回と同様かなり痛かったです。塗った後ですが、鼻、喉から共に出血はありませんでした。それにしても、喉からは痛いですねぇ。
今回の診察代は640円でした。

処方薬 桂枝茯苓丸料

桂枝茯苓丸料

前回と同じなんですが、薬局で漢方は右側、左側に効くものがあると。桂枝茯苓丸料は左側に効くと。肩こりなんかは桂枝茯苓丸料を飲むと、左の肩こりが改善するようです。
漢方が右側、左側に効くものがあるとは知らなかった。
桂枝茯苓丸料は、私には合っているんですが、人によっては、胃が重く感じたりすることがあるそうで、そういう時は、処方を変えるほうが良いとの事。合わないと、飲み始めてすぐに胃の重さなど、胃の不快な症状が出ると。
前回と同じく、桂枝茯苓丸料が28日分で1120円でした。

発症したときの話 耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療) 001

耳官開放症とは診断されなかった話 耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療) 002

耳官開放症と診断された話 耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療) 003

耳管開放症で飲んだ漢方薬 耳管開放症の漢方薬 まとめ

風邪に効く漢方薬まとめ

次回 耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療)後鼻漏019 後鼻漏が悪化