スポンサーリンク

リドメックスコーワクリームとスピラゾンクリーム

リドメックスコーワクリームとスピラゾンクリーム皮膚科
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先発薬のリドメックスコーワクリームのほうが、良いのかも

先日、ひげを剃った後が結構傷ができてしまい、皮膚科へ行きました。
で、リドメックスコーワクリームを薬局でもらい帰りました。

リドメックスコーワクリーム

リドメックスコーワクリーム後ろ

家に帰り、ジェネリックのスピラゾンクリームがあることに気がつきました。
処方箋だと成分名なので、パッと見ても分からない…

スピラゾンクリームは顔のカサカサや口角が割れたときに使いました。
今回は傷なので、多少症状は違うのですが、治りは早かった。先発薬だから?

後日、薬剤師の方に聞いてみたところ…

塗り薬は先発薬のほうが、良く効くという実感があるとの事。
特に、この薬剤師さんは、塗り薬と言えばコーワという信頼があると。
塗り薬を作らせると、コーワが一番上手なのではないかと言っていました。
私は、コーワと言えば、虫さされの薬の認識しかなかったんですが
塗り薬ではリードしているんですね、知らなかった。

何がいいかというと、薬の伸びが良いと。よく伸びるから薬が少量ですむ。
だから、ステロイド剤だと、出来れば少量のほうが良いので、特に伸びが良い塗り薬のほうが良いと。
この薬剤師さんが実際に経験したのは、広範囲に塗り薬を塗る必要のある患者さんが、沢山使うから先発薬からジェネリックにしてみたら、伸びないから、結局沢山使うことになり、先発薬と価格があんまりかわらないじゃん、ということで先発薬に戻したことがあったそうです。

塗り薬は成分は同じでも基剤が違うと、伸び、使い心地が変わってくるし、成分の放出の仕方も製造の仕方で変わってくるそうで、成分を入れて塗り薬にしました、というだけでは効き目が同じになるとは限らないと言う、製造ノウハウが物を言う世界だそうです。