スポンサーリンク

耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療)後鼻漏021 後鼻漏は結構楽

耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療)耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療)と後鼻漏
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回は
9月下旬、耳鼻科に行きました。耳の調子は良いです。体調は大体先月と同じような感じです。後鼻漏の症状は先月を100とすると、今回は半分程度。なので比較的楽です。9月も下旬になり、30度に届かない日が多くなり、すごしやすくなりました。

スポンサーリンク

診察と処置

今回は内視鏡を使いました。塩化亜鉛を鼻から塗ってもらいました。喉からは塗りませんでした。(理由は後述)  上咽頭部分の分泌物がかなり多いです。右部分の上部が腫れていました。この部分ですが、おそらく内視鏡を見ながらではないと塗れないような気がしました。かなり滲みます。
喉から塗らなかった理由。喉から塗るのは、上咽頭の奥に塗りたいため。でも、こうやって見ながら喉の奥に確実に塗れるので、喉から塗らなかったと。
喉から塗ると、どうしても、オェっとしてしまうんですよね。しんどい。なので、鼻から十分に奥に塗れるなら、そのほうがいいです。
出血は画像を見ると、結構出血していて、綿棒も赤くなっていました。診察代は2440円でした。

処方薬 桂枝茯苓丸料

薬は前回と同じで桂枝茯苓丸料が28日分で1120円でした。

発症したときの話 耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療) 001

耳官開放症とは診断されなかった話 耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療) 002

耳官開放症と診断された話 耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療) 003

耳管開放症で飲んだ漢方薬 耳管開放症の漢方薬 まとめ

風邪に効く漢方薬まとめ

次回 耳管開放症と上咽頭炎(Bスポット治療)後鼻漏022 寒暖差が激しい