スポンサーリンク

診察後、即入院。原因はナイアシン過剰摂取(ナイアシンフラッシュ)か 処置はネオファーゲン点滴 AST(GOT)とALT(GPT)はパニック値(緊急異常値)

ナイアシンフラッシュ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

近所の病院で紹介状を書いてもらい、大きな病院へ行きました。診察の前に血液検査をしました。診察の時医師から聞きましたが、「AST(GOT)」と「ALT(GPT)」は改善せず、異常値はパニック値(緊急異常値)のままでした。というか、若干数値は悪くなっていました。つまり、現段階ではピークに達する最中ということです。その後、診察の順番待ち。やはり大きな病院、待ち時間が長いです。5時間待ちです。あぁ。

スポンサーリンク

診察

お薬手帳を見て、特に薬による肝機能障害は考えにくいと。私が漢方を多く飲んでいるからですかと、先生に尋ねると、漢方で肝機能障害というのも、あんまり無いからねぇと。それで、変わったものを食べたか聞かれました。鹿の肉とか、色々ありましたが、これも該当なしです。聞かれている最中に、そういえば、サプリでナイアシンは肝機能障害や吐き気が出ることがあると書いてあることを思い出しました。

先生曰く、おそらくサプリで飲んでいるものが原因かもと。で、数値が数値なので、このまま家に帰るのは良くないと。というか、このまま帰るのはマズい。即入院したほうがいいとのこと。

なので、私も今すぐに入院すると答えました。ということで、受診後に即入院となりました。診察中に、先生は病室と入院時の担当医も手配してくれました。(外来と入院時の回診など、患者を受け持つ先生は外来と違う担当医のことが多いです)受診後即入院というのは今回が初めてです。受診したら帰るつもりで病院へ行ったんですけどね。いやはや、想定外でした。