スポンサーリンク

大型二輪と普通二輪の難易度を比較 (普通二輪AT限定から大型二輪MTへ)

精神障害者保健福祉手帳 免許 小型自動二輪免許AT普通二輪AT限定から大型二輪MT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小型二輪、普通二輪、大型二輪の免許を順番に取っていきましたが、難易度はどうだったか整理してみました。

スポンサーリンク

大型二輪MTと普通二輪MTの難易度

坂道発進 大型二輪のほうが楽。重いけれどエンジンが大きいため、クラッチをラフにつないでもエンストしにくい。

S字 どちらも同じだった。

クランク 普通二輪MTのほうが楽。車体が一回り小さいので、コース通過に余裕がある。但し、走行中はふらつきやすい。

スラローム 普通二輪のほうが楽。車体が軽いため、素早く左右に振るのが楽。チョン、チョンと加速するのがやり易い。

一本橋 大型二輪のほうが楽。車体が重いので低速でふらつきにくい。そのため、橋の上をゆっくりと通過できる。

急制動 大型二輪のほうが楽。ブレーキングは普通二輪のほうが軽いので早くとまれるが、助走区間の加速は大型二輪のほうがかなり楽。トータルで見ると大型二輪のほうが楽でした。

停止から発進 大型二輪のほうが楽。雑にクラッチをつないでもエンストしにくいので、気分的にも楽。

低速走行 大型二輪のほうが楽。前に追い付き、停止するほどでもないときにノロノロ運転は特に楽。

小回り 普通二輪のほうが楽。特に一時停止からの左折は大型二輪は大きく回りがちになる。

引き回し 普通二輪のほうが圧倒的に楽。

大型二輪MTと普通二輪ATの難易度

坂道発進 普通二輪ATのほうが圧倒的に楽。

S字 どちらも同じ。

クランク 大型二輪MTのほうが楽。普通二輪ATは大型二輪MTより少し全長が長く、しかも低速時の不安定さがあるので一番難しい、というよりビックスクーターでは無理がある。

スラローム 普通二輪ATのほうが比較的楽。チョン、チョンと加速するのがやり易い。スラローム時の速度調整が自分の感覚と一致している。ある程度左右に振るのが少し大変だが。

一本橋 大型二輪MTのほうが楽。低速でふらつきにくい。

急制動 普通二輪ATのほうが楽。ブレーキングは足を少し前におけるので前のめりにならず姿勢保持しやすい。助走区間の加速はアクセルを捻るだけなので楽。

停止から発進 普通二輪ATのほうが楽。エンストの心配が無いから楽だが、バランスは大型二輪のほうが取りやすい。

低速走行 大型二輪のほうが圧倒的に楽。

小回り どちらも車体が大きいので、やりにくい。

引き回し 大型二輪MTのほうが楽。

 

参考
大型、普通、小型の検定の違いはこんな感じです。

大型二輪普通二輪小型限定
一本橋10秒以上7秒以上5秒以上
スラローム7秒以内8秒以内なし
急制動()内は湿潤時40キロで11m(14m) 40キロで11m(14m) 30キロで8m(11m)
波状路5秒以上なしなし

 

大型、普通、小型の難易度を表にしてみました。

大型二輪MT普通二輪MT小型AT
一本橋
スラローム
S字
クランク
坂道発進
急制動
一本橋