スポンサーリンク

windows 10 インストールUSBの作成

windows 10 インストールUSBの作成パソコン関連(スマホも)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

windows 10を新規にインストールする機会がありました。DVDドライブが無いことに気が付き、USBメモリからインストールするために、「メディア作成ツール」を使いインストールUSBメモリを作りました。忘れないように手順を記録。

 

インストールUSBメモリを作るのに必要なWindows 10の「メディア作成ツール」をダウンロードする

マイクロソフトのWindows 10 のダウンロードページ

Windows 10 のダウンロード

に行くと

Windows 10の「メディア作成ツール」

上記のような画面に行くので、下のほうのツールを今すぐダウンロードをクリック

 

インストールUSBメモリを作る

ダウンロードしたメディア作成ツールMediaCreationTool20H2.exeを実行すると

インストールUSBメモリを作る

このような画面になるので、同意するをクリック。しばらくすると

インストールUSBメモリを作る

別のPCのインストールメディアを作成するを選ぶ。

 

インストールUSBメモリを作る

この PC におすすめのオプションを使うのチェックを外して、64bitを選ぶ。32bitのPCなら32bitを選ぶ。

 

インストールUSBメモリを作る

USBメモリを作成するのでUSBフラッシュドライブを選ぶ。8GB以上必要とのことなので、今回は16GBのUSBメモリを使いました。

 

次にUSBフラッシュドライブを選んでくださいという表示が出るので、インストールするUSBメモリを選ぶ。その際に、他のUSBドライブなどを選ばないように注意する。

 

インストールUSBメモリを作る

このような画面になり、インストールするUSBメモリ作成中になる。ダウンロードしてUSBメモリ作成なので、時間はかかる。

 

インストールUSBメモリを作る

 

USBメモリの作成が完了するとこのような画面に。

USBメモリ内のsetup.exeを実行すると、Windows 10のインストールが始まる。