Windows11に必要なUEFI セキュアブート確認と有効化する方法

WindowsのUEFI セキュアブート確認と有効化する方法パソコン関連(スマホ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows11アップグレード要件のひとつにセキュアブート(Secure Boot)があります。私のPCで確認してみました(OSはWindows10です)。

セキュアブート確認

タスクバーの検索ボックスに「msinfo」と入力して「システム情報」を起動

タスクバーの検索ボックスに「msinfo」と入力して「システム情報」を起動。

 

システム情報

セキュアブートの状態を確認すると「無効」でした。

 

セキュアブートの有効/無効を設定

セキュアブートを有効/無効を設定するには、UEFI(BIOS)で設定します。

パソコン起動時に「F2」キーや「Del」キーを連打することUEFI(BIOS)画面が起動します。(パソコンのメーカーによって起動方法が異なります) 以下、ASROCKの画面です。

UEFI(BIOS)画面が起動 例asrock

UEFI(BIOS)画面を起動するとこのような画面になります。右上のアドバンスモードに入ります。

 

UEFI(BIOS)画面が起動 例asrock アドバンスモード

赤枠で囲んだセキュリティを選びます。

 

UEFI(BIOS)画面が起動 例asrock セキュアブート

セキュアブートはDisabled(無効)になっているのでEnabled(有効)にします。そして設定を保存し終了します。

UEFIにセキュアブートの項目がない場合は、UEFIセキュアブートに非対応のパソコンのようです。

セキュアブートで注意すること

・マザーボードのBIOS(UEFI)をアップデートする時は、セキュアブートは無効にする。
・PCパーツを交換する際はセキュアブートは無効にする。
・WindowsをUEFI (GPT) 形式でインストールした場合セキュアブート有効ならCSM無効にする。

OSが不安定になったり、正常に作動しない可能性が出てくるので注意が必要です。セキュアブートとは関係がないのですが、CSM有効のときは「Fast Boot」と「高速スタートアップ」は無効にしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました