スポンサーリンク

Bluetoothスピーカー Anker SoundCore 2

Anker ポータブルBluetoothスピーカー SoundCore 2 レビュー価格
スポンサーリンク
スポンサーリンク

BluetoothスピーカーAnker SoundCore 2を購入。スマホの内臓スピーカーで聞いていたんですが、音質が悪いです。ポッドキャストを聞くようになり、内臓スピーカーだと、音が割れるというか、カリカリするような音で、聞きづらい。そのため、何か良い手はないかと思い、アマゾンでスピーカーを探しました。

スポンサーリンク

Bluetooth接続で、それなりの音

コード接続だと面倒なので、Bluetooth接続。そして、それなりに良い音であること。多分、Anker SoundCore 2が値段的にも妥当なのではないかと思い購入しました。

入っている箱はこんな感じ。本体が黒なので、箱も黒っぽいのかと思っていたら、思いっきり白でした。
Anker SoundCore 2 箱 レビュー

上にはスイッチや、表示ランプ。表面は艶消しブラックです。最初は良いと思いましたが、汚れが付くと、艶消しは取りにくいことに気づきました。汚れはプラスチッキーでも艶消しではないほうが良さそうです。この辺は好み、使用環境を選ぶかもしれません。台所のシンク近くだと、人によっては艶消しは少しビミョーかもしれません。
AnkerポータブルBluetoothスピーカー SoundCore 2 スイッチ 上 音量

左の白いランプが電源ランプ、右隣は電源スイッチ、一番右の青ランプはBluetooth状態です。

電源ランプは
AnkerのポータブルBluetoothスピーカー SoundCore 2 電源ボタン 
トリセツには

AnkerのポータブルBluetoothスピーカー SoundCore 2 トリセツ 電源ランプ 説明書

こんな感じで書いてあり、白はフツーに使えて、赤の点滅で充電。実際に使うと充電はほとんど気にしなくていい感じ。電池容量が5200mAhなので、頻繁に充電する必要はないです。うちにあるUSB充電器で2時間程度で充電できました。

右のBluetooth状態ランプは

AnkerのポータブルBluetoothスピーカー SoundCore 2 Bluetoothボタン 接続

AnkerのポータブルBluetoothスピーカー SoundCore 2 トリセツ Bluetooth 使い方 説明書

青ランプが点灯していれば、リンクしています。

リンクのやり方は簡単で、特に繋がらないという不具合はなし。

AnkerのポータブルBluetoothスピーカー SoundCore 2 トリセツ ペアリング 接続できない場合

AUX入力は側面の蓋を開けると、差込口があります。今のところ、私は使うことはなさそうです。

AnkerのポータブルBluetoothスピーカー SoundCore 2 トリセツ AUX

とりあえず、トリセツの表紙

AnkerのポータブルBluetoothスピーカー SoundCore 2 中に入っているトリセツ 説明書

で、肝心の音。これが予想を裏切る良い音。とってもナチュラルな音。それと、低音がチャチっくないのも良いです。と言っても、強調しすぎて、嫌味な低音じゃないのも好感が持てます。多少強調気味なんですが、嫌味じゃない程度の低音強調というのが上手い。

少し離れる、1.5mくらいでしょうか、それくらいになると、音ものものは良いんですが、臨場感は無くなる感じがします。といっても、基本持ち運んで、自分の近くに置いて使うので、この点は問題なしです。

重さは、大きさの割にちょっと重めという感じ。文鎮と思えば気になりません。

ということで、完全に内臓スピーカーで聞くことが無くなりました。よほどのことが無い限り、内臓スピーカーでは聞きたくないです。これはなかなか良い買い物でした。

【改善版】Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth5.0 スピーカー 24時間連続再生)【完全ワイヤレスステレオ対応/強化された低音 / IPX7防水規格 / デュアルドライバー/マイク内蔵】(ブラック)
Anker
¥4,999(2019/09/27 10:51時点)
ベストセラーがさらにパワフルに:第1世代SoundCoreの2つの3Wドライバーから強化された2つの高性能6Wドライバーで、より迫力あるサウンドを実現しました。※本製品は、2018年度Amazonランキング大賞(ポータブルスピーカー部門)のベストセラーNo.1受賞モデルです。