スポンサーリンク

4/17 4限目 疑似追突と追い越し、急制動 (小型二輪ATから普通二輪AT)

精神障害者保健福祉手帳 免許 小型自動二輪免許AT小型二輪ATから普通二輪AT AT小型二輪免許の限定解除(審査)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同日に2コマとれたので、次は疑似追突と追い越し、急制動をやることになりました。急制動は小型限定でやったことがありましたが、疑似追突と追い越しは今回が初めてです。

スポンサーリンク

疑似追突

教官の走るバイクの左後ろを走り、教官が急ブレーキをかけて、私もブレーキをかける。車間距離は十分に開けていないと、止まれないことを確認する。今回は教官が急ブレーキをかけることを知っていてもギリギリ止まれる感じなので、普通にいきなり急ブレーキなら確実に追突。なので、車間距離は十分に開けることが、よーく分かります。

追い越し

30キロで教官が走っているので、私が追い越し、元の車線に戻る。戻るのが早すぎると。教習生はほとんど戻るのが早すぎるとのこと。早く自分が元の車線に戻らなきゃと思ってしまうので結果として戻るのが早すぎて追い越した車両との車間距離が短くなってしまうんですよね。

急制動

急制動は30キロからスタート。最初は止まる位置は気にせず、やや強めのブレーキからスタートしました。タイヤ2つ分程度停止位置より出る感じでした。35キロ、40キロと徐々にスピードを上げて練習。何とか規定の位置で止まれる。最初のふわっとブレーキはこの調子で良いとのこと。中盤から止まるところはもう少しだけブレーキを気持ち強めでもタイヤはロックしなさそうな感じでした。ブレーキの配分は前7:後3くらいがいいみたいですが、実際にやってみると、前後大体同じで、ほんの少し後ろブレーキが弱く出来たかなぁと感じです。前7:後3で実際にブレーキをかけるのは難しいかも。(大型二輪MTと比べると加速は遅いのかもしれませんが、変速する必要が無いので、気分的に余裕があり、こちら教習所のコースは助走距離が長いので、さらに気分に余裕があるため、急制動はやり易いです。アクセルを捻るだけで45キロ付近まで苦も無く出せるのは楽)