スポンサーリンク

限定解除で小型二輪ATから普通二輪ATの費用など

精神障害者保健福祉手帳 免許 小型自動二輪免許AT小型二輪ATから普通二輪AT AT小型二輪免許の限定解除(審査)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前、AT小型限定を取ったのは、歳を取ったときに免許を取るのが難しいから、今のうちに取ろうと思ったのがきっかけでした。取得してみると、普段の買い物なら125ccが最適だと思うのは変わらないのですが、250ccのビックスクーターも良い感じだと思い始めました。特に初代のスカイウェブやジェンマはいいなぁと思うようになりました。そんなこともありまして、今回限定解除することに決めました。

AT小型限定の記事はこちら https://purin-kobo.com/archives/category/license

スポンサーリンク

費用

入学金 8743円(卒業生なので割引でした)
写真代 1543円
技能料金 16460円(@3292×5)
卒検 6171円
教習所の合計は32197円
免許の交付手数料が1400円なので、今回の費用は合計で33597円でした。

教習車両に関して

教習所のバイクはシルバーウイングGT400でした。参考までに大型二輪MTのNC750Lと比較しました。

長さ(mm)重量(kg)
シルバーウイングGT4002285249
NC750L2190228

シルバーウイングのほうが微妙に長いし、重さは20kg程度重いです。

今回は4月だったので、学生さんが少ないこともあり、小型限定を取得した時よりも予約は取りやすかったです。小型限定の時は12月。12月~3月(それと夏休みも)は教習所が混む時期。なので免許を取る場合は極力混む時期を避けるほうが良いです。それと、冬は寒いのもありますが、日が沈むのも早いので夕方近くの教習だと照明が点灯してもコースが見づらくなります。6月になると雨が多くなるので、4~5月はバイクの免許を取るのにはちょうど良いです。

それと、普通二輪取るなら、ATよりもMTが良いというのも納得しました。ビックスクーターだと低速時の挙動があんなにも不安定だとは(大体20キロを超えると安定するので、乗っていて楽、普通は不安定なら足をつくので特に問題ないですが、教習や検定だと足をつくのはマイナス要因になるので)。クランクとスラロームに関しては、ビックスクーターに合った設定にしたほうが良いのではないかと思います。現状の設定では無理があるような気がします。一本橋はMT・ATともに同じ通過時間ですが、明らかにATのほうがやりにくいので、時間は別に設定したほうがいいんじゃないかなぁと思いました。(教習のコースは多分普通二輪MTを前提に作っている?)

今回は5時間の乗車。小型ATはシミュレーションを除くと4時間の乗車。普通二輪だとスラロームの課題がひとつ増えるので、その分1時間増えたような感じです。なので、小型ATと同じく、あっという間に卒検を迎えてしまいます。苦手な課題を重点的に練習する時間はありませんでした。クランクの成功率は50~60%という感じです。短時間で免許が取得できるのはいいけれど、かなり忙しい教習内容になりますね。

もし、ビックスクーターを乗りたいと思っているなら、MTの普通二輪を取った方が良いと思います。普段バイクを乗らず自転車の私は、いきなり普通二輪を取得せず、小型限定から取得して本当に良かったと感じました。小型と普通二輪では全く別の乗り物だと感じました。小型は見た目と感覚が大体一致しているんですが、普通二輪になると全然感覚が見た目とリンクしませんでした。いきなり普通二輪だとバイクの大きさと重さ、特に重さに対して、なかなか慣れないだろうと。普段から原付に乗っていたりすると普通二輪から始めても慣れるのは早いのかなぁと思います。