1.中型バイクオートマ教習 バイクに慣れる(4/12 技能教習 1時限目 AT限定普通二輪免許 ) 

AT小型二輪からAT普通二輪AT小型限定普通自動二輪免許からAT限定普通自動二輪免許 AT小型限定自動普通二輪免許の限定解除(審査)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AT小型限定普通二輪免許を取得して二年経過(取得だけです)。それまではバイクに全く興味がなかったんですが、免許を取得してからビックスクーターもいいかもなぁと思うようになりました。であれば、オートマ限定の普通二輪免許を取得してもいいかもしれないと考えるようになりました。調べたらAT小型限定普通二輪免許を所持していると最短5時間でオートマ限定の普通二輪免許を取得できるようです。なので、AT小型限定免許を取得した教習所に通うことにしました。

教官には普段はバイクを乗っていない(小型二輪を取得してからもバイクは全く乗っていません)ことを伝えると、自転車は乗っているんでしょと。じゃあ大丈夫だと。ちなみに、この教官は私のことを覚えていて、シミュレーションのときに教えたよねと。二年ほど前のことですが。記憶力が良すぎる。この日は2限分連続で教習を受けました。

車両の点検

AT小型限定のときも車両の点検はやりましたが、やり方をすっかり忘れています。キーをオンにしてタイヤ前後の確認。ウインカー確認。ライト確認。ブレーキランプ確認。

センタースタンドを使う

小型二輪のときも、それなりに重かったのですが、普通二輪だと比較にならないほど重い。とんでもなく重い。シルバーウイング400というバイクなんですが、調べてみると、250キロくらいあります。小型二輪のときのバイクはリード125というバイクで重さは114キロくらい。そりゃ重いわけです。センタースタンドを立てる際に右足のつま先はバイクの後方に向けると良いと言われましたが、それでも重い重い。センタースタンドを使うのがこんなに大変なんて想定外でした。

車両の引き起こし

センタースタンドで無茶苦茶重いことが分かり、引き起こしは大変だろうと思いましたが、センタースタンドに比べるとかなり楽。とは言え、連続で何度も引き起こしは出来ませんが。重いけれど意外と何とかなる。

引き回し

エンジンを切った状態で車両を引きましたが、これも相当重い。車両に体にくっつけないと大変。最初、私は車両にくっつけず、かなり車両後方で引いていたので滅茶苦茶大変でした。シートの前側がちょうど良いみたいです。それと、車両が傾きすぎとのこと。これは自分では気が付きませんね。そりゃ傾いていれば重いわけです。慣れていない人はバイクを反対側に倒さないように、車両を傾けてしまうそうです。なるほど。教習時間終了のとき、少しバイクを押していきましたが、体をつけてもやっぱり重いものは重い。

バイクに慣れる

次は、とりあえずバイクに慣れるということで、停止からゆっくり直進する練習です。小型に比べ重いので直進するのも難しい。重いので物凄くフラフラします。少し慣れたら、ゆっくりと8の字旋回。曲がるときはアクセルは一定で少し後ろブレーキをかける。曲がるときにアクセルを完全に戻すとクラッチが切れるので車体がガタッと倒れるので注意です。特にスクーターは遠心クラッチのでアクセルワークは大事だとのこと。本人は必死なんですがいびつな8の字になってしまいます。

教習は無理かもしれない

そして教官が場内を走りましょうと。全く慣れていませんが外周コースを走ることに。普段バイクに乗らない私としては、いきなり外周コースを走るのかと面食らう。外周を走ったら、一本橋とスラローム。一本橋は乗ることもままならない。小型のときは一本橋の上にはすぐ乗れましたが、今回は難しい。橋の途中で何度も脱輪しました。スラロームはゆっくりと何とか通過。この時点で、このまま講習進んで大丈夫なのかと思う。AT普通二輪は無理かも。あぁ…教習が終了し、みきわめのコース覚えておいてねと、コース図を渡される。早すぎるような気が。

小型の時は、車体も軽く、原付の延長のようなイメージでしたが、普通二輪は全く別物の乗り物という感じがしました。教官にこのことを話したら、その通りですと。今回の教習で良く分かりました。

車体は重いし、コントロールは効かないし、教習を中止したほうがいいんじゃないかと思いました。先が思いやられる。

タイトルとURLをコピーしました