バイクの教習所選び

二輪教習二輪免許を取得
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昔通った教習所に行きました。但し遠い

基本的には近場の教習所に行くのが良いと思います。私は電車と送迎バスを使い1時間30前後の教習所に行きました。遠くの教習所に通うのはかなり大変でした。なんで遠くの教習所に通ったのか。20代のときに車の免許を取った教習所に行ったんです。教習所のコースの感じを覚えていたんです。全く知らない教習所よりは少しでも馴染みのある教習所の方が良いと思ったので。結果として知っている教習コースは私にとっては安心材料になりました。何より走りやすい。

知らない教習コースは慣れない

大型二輪は免許取得の都合上ほかの教習所にいくことになりました。全く知らない教習コースは慣れるに時間がかかるので、知っている教習コースは有利だなぁと実感しました。但し、通うのに時間がかかると、通うのが億劫に感じてしまうこともあります。

AT小型限定は教習車が少なかった

それともし分かるならバイクの台数は確認しておく方がいいかも。普通二輪のCB400は台数が一番多いはず。なので、普通二輪を取得するなら気にしなくて良いかもしれませんが、AT小型限定の場合は大抵教習車が少ないのでなるべくAT小型教習車が多いところへ行くのもひとつの方法。私が初めに通った教習所はAT小型教習車は3台でした。教官が1台使用するので、教習生は2人。なので、普通二輪に比べると圧倒的に教習できる人数が少なくなります。

長方形の敷地のほうがいいみたい

小型二輪と普通二輪は長方形の敷地に教習コースがあり、大きさも普通だと思います。大型二輪の教習所は正方形の教習コースで敷地が狭めでした。違う教習所に行って気づいたこと。長方形のコースだと長辺に急制動コースがあり、距離に余裕がありました。でも、正方形でコースが狭いと急制動のコースが結構ギリギリなので圧迫感があると言うか余裕のないコースで私には難しかったです。長方形のコースだとクランクなどの各課題コースに入るのが楽でした。各課題コース→外周コース→各課題コースのように、ある程度各課題コース間に直線区間があります。これが正方形のコースだと各課題コース間の距離が短く、卒検の時は忙しくて余裕がありませんでした。私が大型二輪の教習所で小型二輪の教習を初めて受けたら、卒検が合格できなかったかもしれません。コースが入り組んでいて法規走行で減点されまくって、おそらく失格なっていたと思うんです。大型二輪で通った教習所は教習コース自体が難易度が高かったです。

タイトルとURLをコピーしました