教習が辛い、楽しくない

二輪教習二輪免許を取得
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイクが好きで教習を待ちに待っていた人なら、教習が大変でも教習が辛いと思うことは少ないのかもしれません。でも、私の場合は積極的に免許取得したいわけではなく、今後必要だなという理由。そのせいか、小型限定の最初の教習で思いのほか車体が重かったので、この先教習大丈夫なのかと気持ちがどんより暗雲が。教習が楽しいなんて程遠い。少しバイクに慣れて外周コースを走っていると心地よいと思い始めてようやく、バイクもいいなぁと思いました。なので、私は教習が辛い、楽しくないのはフツーだと思っていました。AT中型バイクのときは、一番最初の教習であまりにも車体の取り扱いが難しく、教習をやめた方が良いと思いました。超重いし、低速でフラフラして全くコントロール出来ず絶望的な気持ちになりました。事務所に行って、教習中止して退所しようと本気で思いましたから。AT中型バイクの一限目は一番辛かった。

教習が辛い、楽しくないと悩んでいる人は、教習所ってそういう場所だと思っている方が気分的に楽になると思います。それと、当時は自分の運転が下手で嫌になることがありました。でも今考えると、下手だから教習所へ通うんですよね。このことに当時は全く気が付かなかったです。これに気が付いていたらもう少し教習所通いが楽になったと思います。私は教習が終わらないと気が付かないことが多かったです。

タイトルとURLをコピーしました