一本橋

二輪教習二輪免許を取得
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AT限定は一本橋が難しい、タイムが伸びないのは普通なので、あまり焦る必要はないです。スクーターは既定のタイムが出すのが難しいと思います。なので、多少タイムが短くて減点されるのが前提で卒検に臨めば良いと思います。タイムが短いのは減点で済みます。そして、既定タイムより長くても点数が加算されることはありません。脱輪したら失格ですから無理してタイムを伸ばそうとして脱輪するのはもったいない。

一本橋で注意すること

停止線から離れて止まらない。なるべく停止線の近くで止まる。停止状態から発進するので後部確認は必要。こういう細かいところで減点されなければ、タイムが短かくて減点されてもダメージが少なくなります。

私が忘れがちだったのが、知らぬ間に停止線に対して少し斜めに止まっていたこと。斜めに止まっていると橋に乗るまでに不安定になってしまいます。これは教官に指摘されるまで気が付きませんでした。一本橋が左折して入るので意識しないと車体が斜めに止まっていたんですね。

もう一つ忘れがちだったのが、1速に入っているのを確認しなかったこと。うっかり2速で止まって、そのまま発進しようとしてエンストすることが何度かありました。教習車にはギアポジションインジケーターが付いていないので一応注意したほうが良いです。教習中にエンストするのはいいんですが、卒検でエンストすると減点なので。

タイトルとURLをコピーしました