スポンサーリンク

5/13 1段階 6時限目 クラッチのつなぎ方とスラローム (普通二輪AT限定から大型二輪MTへ)

精神障害者保健福祉手帳 免許 小型自動二輪免許AT普通二輪AT限定から大型二輪MT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラッチのつなぎ方

まずはクラッチのつなぎ方から。30度くらいの傾斜のついた板に前輪を乗せて、アイドリングのままで、半クラッチの調整で少し前に進んだり、止まったり、ゆっくりと後退したりしました。かなり微妙なクラッチワークが必要になります。これをやった後は、エンストしなくなりました。クラッチを急いでつないでいたのがエンスト頻発の原因でした。停止から発進時は早く速度を出すよりも、ゆっくりつないでガコガコしないようにすることに専念しました。今日の教官からはラフなクラッチのつなぎ方は公道で事故の原因になるので、丁寧なクラッチ・アクセルワークをして下さいと。停止から発進はゆっくりで構わないとのこと。

スラローム

続いて、スラロームです。あぁなるほどと思いました。後半にアクセルを入れるのですが、私の場合は、アクセルをグイーンと捻ると言えばいいんでしょうか、アクセルを戻すのが遅かった。クッ、クッのように、アクセルを捻ったらすぐに戻すようにアクセルを操作したほうが良いとのこと。アクセルの戻しが遅いと、その分加速するため、加速しすぎて次のパイロンが曲がれなくなると。確かに、アクセルと入れると、次のパイロンがきつくなるんですよね。エンジン音がブォーン、だと戻しが遅く、ブォッぐらいがちょうど良いです。アクセルがブォッだと確かにタイムが縮まります。ブォッが出来たときは、8秒を切り、7.8~7.6秒でした。後半からアクセルを入れるとこのタイムだったので、中盤からこのようにアクセルを入れると、もう少しタイムが縮まると思います。教官は最初からはアクセルは入れなくても良いと。

今日はギリギリスラロームが8秒を切ったので、スラロームは合格になりました。よかったよかった。

スラロームは加速が少ないのかと思ってブォーンとアクセルを回していましたが、それでは加速しすぎで難しくなりタイムが遅くなるんですね。かといって2速アイドリングで走っても全体的に速度が遅いため、タイムは縮まらない。次回はブォッの回数が増えるようにアクセルを戻すようにします。

アクセルを捻ると言うよりも、チョンチョンと回して戻すような感じが近いかも。