スポンサーリンク

普通二輪AT限定から大型二輪MTの費用

精神障害者保健福祉手帳 免許 小型自動二輪免許AT普通二輪AT限定から大型二輪MT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大型二輪MT取得にかかった費用は以下の通りです。普通二輪はATなので、普通二輪MTに比べ4時間多いためその分費用はかかっています。

スポンサーリンク

大型自動二輪MT料金

入学金 14040円
教本 1080円
写真代 1620円
適性料 3240円
技能料 69120(@4320×16)円
学科料 2160円
卒業検定料 5400円
初回卒業検定料 3240円
web割引 -1080円
合計 98820円

追加料金

技能料 4320円
卒業検定料 5400円
合計 9720円 再検定になったため、補習1回分、卒検1回分が追加。

合計

教習所での総合計 108540円です。
免許センターでの手数料が3800円なので、大型二輪MT取得にかかった費用の総合計は112340円でした。

バイクの免許取得費用総合計

小型二輪限定AT総合計(免許センターでの手数料含む)52507円、普通二輪AT総合計(免許センターでの手数料含む)33597円なので、バイクの免許取得は198444円となりました。

大型二輪を取った理由について

小型ATを取ったら250のスクーターもいいなぁと思ったので、普通二輪ATの免許を取ったんですが、取ったら、急に、大型二輪が気になり始めたんですよね。取る前は、全く気にならなかった(スクーターしか目がいきませんでしたし)。何と言うか、違いはどうなんだろうという気持ちが出てきたというか。具体的に乗りたい大型バイクがあったわけではありません。でも、教習を受けているうちにNC750に乗りたいなぁと思うようになりましたが^^
(実際にNC750に乗って、停止から発進でエンジンをさほど回さなくても良いところ、音が静かで振動も少なく乗っていて楽なのは意外で、気分的にとても楽。但し、エンジンを切ったら激重でしんどいですが…)
大型二輪のATだとATと排気量の制限があるので、MTのほうが良いのかなぁと思い始めて、MTに決めました。

特に乗りたい大型バイクが無いのに、取る必要は無いと言えば無いんですが、気になるのをそのままにしておくのもなぁと思ったんです。最終的に大型に乗らなければ、「アハハ、取らなくても良かったwww」で済む。でも、あの時、取っていれば良かったと後悔するほうが圧倒的に嫌だったんですよね。